勤務先に申し込んだことがばれないキャッシングってあるの

在席確認を回避するには

キャッシングに申し込むと必ずと言っていいほど審査が行われます。
基本的に過去に借金の返済に大幅に遅れたなどの事故情報がなく、20歳以上で安定した収入のある人であれば審査通る可能性は高いです。
その審査の一環で勤務先へ在籍確認の電話連絡が行われます。

 

例えば「普段自分宛ての電話はないのに電話がかかってきたら同僚にキャッシングに申込んだことがばれてしまって困る」などという理由で勤務先に申し込んだことがばれないキャッシングを利用したいと思う人もいるでしょう。

銀行に申し込んだ場合は在席確認が必ずある

法律で金融機関はキャッシングに申し込みをしたことを第3者にばらしてはいけないと規定しているため、基本的に在籍確認は担当者の名前だけで行われるのでばれる心配はありません。
それでも電話連絡をしてほしくないのであれば消費者金融であれば書類を複数提出することで回避できる可能性がありますが、銀行に申し込んだ場合は電話連絡は回避できないと思った方がよいでしょう。

 

電話連絡をしてほしくない場合はキャッシングに申し込んだ時に必ず相談しなければなりません。
また電話連絡をしない方法を選択した場合は審査に通過するまでに時間がかかることもありますので、急いでお金が必要な場合には他の手段を考えた方がよいでしょう。

専業主婦にオススメ、旦那さんにばれないキャッシング

専業主婦でも借入はできる?

基本的にキャッシングは働いて安定した収入のある人であれば利用できます。
つまり収入のない専業主婦の人は利用しにくくなりますが「できれば主人にばれないキャッシングを利用したい」という場合もあると思います。
結論から言えば内緒で借りることができるキャッシングはあります。

 

まず「総量規制」という法律により収入のない人が消費者金融は利用できないため、収入のない専業主婦は消費者金融は利用できませんが、パートやアルバイトで収入を得ていれば消費者金融でも利用できます。
一方で総量規制という法律が適用されない銀行のキャッシングであれば専業主婦でも利用できる可能性があるのです。

銀行なら専業主婦でも借入が可能

 

銀行キャッシングは専業主婦でも旦那さんの同意と収入証明書や身分証明書があれば利用できますが、内緒で借りたい場合は数万円など低額を借りる場合に限り利用者の身分証明書だけの提出だけで利用できる所が多いです。
もちろん申し込みをすると審査が行われるため、他の条件により利用出来ない可能性はあります。
また特にテレビでCMを行っている消費者金融では専業主婦専用ローンというサービスを行っている所もありますので気になる金融機関があればぜひチェックしてみてください。